おかたづけタムラ

11/6 北千住にて同業者の特殊清掃のお手伝い

遺品整理士認定協会の協会員Sさんからヘルプ


弊社も所属している遺品整理士認定協会の
協会員Sさんより特殊清掃が入ったので
手伝っと欲しいとのご依頼。

Sさんの会社は生前整理と遺品整理を
メインに行っていて特殊清掃の経験がほとんどなく、
オゾン脱臭機をかけても臭いが取れなくて
困っている状況でした。

汚染物撤去と片付けまでは完了しているが
臭いはかなり残っている状況でした。

2DKで一人暮らしをされていた70代の男性が
亡くなってから3週間経過して
孤独死の状態で発見されたそうです。

Sさんの会社が行った作業は
害虫駆除⇒二酸化塩素噴霧⇒
汚染物撤去⇒遺品整理⇒
清掃⇒オゾン脱臭機1日運転

今回、亡くなっていた場所が
ベッドの上だったため
体液等は布団とマットレスに
吸収されていました。
(フローリングは綺麗な状態)

私が伺った際は臭いが残っていることを
除けばすべて撤去されている状況でした。

なんで臭いだけ残っているかというと
壁・天井のクロスとエアコンに臭いが
吸着しているからです。

エアコンは発見されるまで
運転中だったので内部に
かなり臭いを吸着させている可能性が
高いです。

Sさんに不動産管理会社へ連絡をしてもらい
クロス剥がしとエアコン処分の許可を
とって頂きました。

エアコンに関しては洗浄も可能ですが、
完全消臭を目指すとエアコンが壊れる可能性が
高いため、おかたづけタムラでは
5年以上経過しているエアコンに関しては
処分をお勧めしています。

通常のエアコン洗浄とは違います。


  追加作業としては
エアコン取り外し⇒クロス剥がし⇒
二酸化塩素全面噴霧⇒オゾン脱臭機2日間

後は数日後に臭いチェックで
問題なければ完了です。

小田原市は都会ではありませんので
核家族化が進んでいるとはいえ
都内に比べると孤独死であっても
亡くなってから2日以内に発見されるケースが
多いです。

小田原市では早期発見が多いため
特殊清掃ではなく、遺品整理と
ほぼ変わらない場合がほとんどです。

近隣住民との繋がりや親族が近くに住んでいる事が
多いのが要因だと思われます。

都内で一人暮らしをされている高齢者の方は
近隣との関係も希薄なことが多いため、
何かあった際に気づかれないことが多いと思います。


  何度経験しても孤独死の現場に慣れることは
ありません。

亡くなる前に発見できれば
助かる命もあるかと思うと
毎回、悲しい気持ちになります。

地域によっては見守りサービス等もありますが、
普段から近隣との交流が持てる環境
整備が大切だと思います。

行政、住民が一緒になって考えていく問題ですね。

関連記事

  1. 孤独死・除菌・消臭 オゾン脱臭機パンサーを2台追加いたしました。

  2. 11/15~11/18 一軒家丸々ご処分 湯河原町 遺品整理 生前整理 K様

  3. 9/17 秦野市 お片付け 不用品買取 軽トラ1台分36000円パック S様

  4. 9/30 小田原市 生前整理 O様

  5. 神奈川県中郡二宮町 県営住宅 家財整理

  6. 行政書士の先生よりご依頼 神奈川県小田原市遺品整理

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。